セロトニンを増やし自律神経失調症を改善へ

セロトニンとは何か?

セロトニンという言葉をご存知ですか?セロトニンという物質は、ノルアドレナリンとドーパミンと並んで、「3大神経伝達物質」の一つとして、私達の体で重要な役割を果たしてくれています。そんな難しい事言われても分からないと感じるかもしれませんが、分かりやすくご説明すると、セロトニンは、私達の神経を整え、精神的なバランスを調整してくれる物質なのです。

ドーパミンやノルアドレナリンが活性化すると、体や心は刺激を受けるようになりますが、セロトニンは、このドーパミンやノルアドレナリンの暴走を食い止め、私達の心のバランスをきちんと整えてくれる働きも担ってくれるのです。つまり、私達の精神上の健康において、セロトニンは非常に重要なものなのですね。

セロトニンは幸せホルモン!

セロトニンは、「セロトニン」という学名の他、「幸せホルモン」という名称で呼ばれる事もあります。なぜこのような名前がついているのかというと、セロトニンが十分に体に補われていれば、私達はそれだけ幸せを感じやすく、精神的にも安定し、社会的にも幸福度、満足度が高くなるのです。

もしもセロトニンの分泌が不足してしまうと、心に問題を抱えやすくなってしまいます。その問題の例には、イライラと怒りっぽくなる、不眠症になる、鬱っぽくなる、月経前の症状が激しくなる、飲酒や薬物乱用に走る傾向など挙げられます。更には、セロトニンが不足していると、「自立神経失調症」にもなりやすいとされています。

なぜ自律神経失調症に関与するのか?

セロトニンが不足すると、自律神経の働きが悪くなる事が予想されます。これはなぜかというと、セロトニンは、自律神経やホルモンのバランスを調整してくれる「調整者」の役割を果たしてくれているからです。このため、セロトニンが十分に分泌されていないと、調整機能がうまく働かず、自律神経やホルモンのバランスに影響が出てしまうのです。

自律神経のバランスが乱れてしまうと、「自律神経失調症」になっていきます。この病気の原因は不明な場合が多いですが、精神的な「ストレス」が大きく影響していると考えられています。ストレスを緩和させるためにも、精神状態を良くしておく必要がありますよね。精神状態など、心の健康を保つためにも、「セロトニン」が必要不可欠なのです。

投稿者

Share: