自律神経失調症は心の病?

自律神経失調症の原因

自律神経失調症の原因には、どのようなものが挙げられるのでしょうか?自律神経失調症の原因は、特定できない場合も多いですが、多くの場合、日常生活からのストレスによって生じるものだと判断される事が多いです。


そのため、自律神経失調症と診断された場合には、心療内科や精神内科で治療を行っていくケースが非常に多いです。


ストレス以外で考えられる原因の中には、加齢によるものだとも考えられています。加齢によって更年期障害を引き起こす事もあり、この更年期障害の一つの症状としても考えられます。女性の場合ですと、女性ホルモンの乱れから来る場合もあります。

個人差もあり、症状の出方や程度も様々ですが、「適応障害」と見なされる事もある病気でもあります。「心の病」という位置づけの病気とも言えるでしょう。

自律神経失調症の症状

自律神経失調症の症状例も、人によってそれぞれですが、主には眩暈や耳鳴り、鬱症状、情緒不安定、イライラ、不眠症などが代表例で挙げられます。その他には、動機や息切れ、味覚障害、脈が速くなる事もあります。


また、人とコミュニケーションをとる事に恐怖感を感じたり、異常なくらい緊張してしまったり、怯えたりする事があります。

人によって個人差が強く表れやすい病気でもあるので、個人によっても、強く表れる症状や軽度の症状など、様々です。自律神経失調症によって生活に支障をきたしているレベルの人もいれば、症状はあるものの、問題なく働く事ができたり、プライベートで楽しく過ごす事ができている方もいます。

自律神経失調症が心の病と言われるわけ

自律神経失調症は、はっきりと「心の病」という定義がされているわけではありませんが、精神的なストレスが引き金になって患う方が多い事や、パニック障害や過呼吸障害、閉所恐怖症、対人恐怖症にもつながりがある事からも、精神的なものからくる病気と考えられるケースが多いのです。

 

投稿者

Share: